09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

あの夏の夜 4日間の入院記録 

こんにちわ 忘れないうちに あの夏の4日間の事を書きます
今は健康ですので大丈夫です。 
ブログ初めて1.2の最長記事です 興味のある方だけどうぞ。



去年暑い時期に風邪を惹き 売薬でしのんでいたら悪化しだした
喉が痛いので食事も思うようにならない 飲み込むたびに痛む喉
 奥さん つきっきりで看病してくれていました。
大事なのは水分 スポーツ飲料です 飲んでさえいれば人間そうそう死なない。


数日経過して日曜日 なんとか動いて医者にいかない事には
朝、 動かぬ体を奥さんとタクシーに乗って緊急医療センター(過去1回きてる)に
そこで見てもらったのですが ここではたいした事はできない様な意味で
大きな病院に向かいました。


朝9時頃ですが すぐ医師に見てもらって なんと入院となったのでした
初の入院です 薬貰って帰れると思っていたのに
その時の状況は硬い物は食べられなく そして口のなかの水分が
極度に不足し 舌が信じられないくらいにザラザラして会話も
思うようにいかず やっと話せたくらいです。
歩行も危険なので生まれて初めての車いすは嬉しかったです(喜んでる場合か


すぐ4人部屋のベッドに寝かされ 超なが~~~い点滴が多種類始まります
確かその日は朝行ってから食事は無しだったような お腹もすかないから
いいんだけど、奥さんは入院の手続きして 色々持ってこないといけないので
すぐ帰りました。


タオルと歯磨きくらいはありましたが 横にあるTVが専用のカードが
必要で見られず 寝てるしかなかったんです で一階の売店にカードを
買い戻ったら 看護師さんに注意されて 私は同じフロア以外は
行っちゃいけない状態だったのです 当然点滴中でしたが。


日中はTVを小さくして見てましたが 夜はやっぱりイヤホンがないと
まずくて絵だけ見てました。 そんな中でも朝ドラは見ていました。


さぁ9時 消灯でずらり並んだ病室の照明が落とされ真っ暗!!!
廊下は小さくついていますが ドアが閉められ? 節電でエアコン切られ
エアコン切られてからドア開けたかどうかわかりませんが
懐中電灯も何もなく真っ暗なベッドで悶々と。


日中はそれほどストレスをひどくは感じないですが夜の消灯後が地獄でした
そこからいつもと環境が違うので ストレスが一気に体に襲ってきます
もう足をこそっと バタバタしてみたり 全く寝られません (泣


こりゃダメだと 点滴スタンド引きずりながらエレベータで1階へ・・・・
色々自動販売機があるし椅子もあるし そこで厚い文藝春秋見ながら
明け方まで過ごし またベッドに戻り寝ました。
入院してるのにベッドで寝ていられない事態ですから。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。  

Aベッド
 

朝ご飯たべて10分もすると病棟で医師の診察があるのでみなさん廊下で行列を
作ります 見てもらったら今度は呼吸器系の治療器を口にあて スーハースーハ
します  装置に薬液が少量いれてあり ブクブク空気をおくり その薬液
混じりの空気を吸うのです。


ある日寝ていたら起こされた そのスーハーを忘れてしまって
私は寝ている時に起こされると たまに寝ぼけてしまって 話された内容が
飲み込めない事があります。綺麗だけどキツめの顔の看護師さんに
注意されていましました。
つまりどうしてこの看護師さんがイライラしてるのかすぐには飲み込めないのです><
それからは 一日の行動予定を紙に書きちゃんとやりました(遅すぎるって



入院時に言われていました 酷くなると器官切開もありますよと
口から食べ物が難しい場合開いて 流動食を流しこむのでしょう
切開にいたらず ほんとに良かったです。
同じ病室に入院されていた方は器官切開されたようで 寝ている時は
いいのですが体を起こすと 喉から出血していました 病の状況は
知りませんが 傍目に大変だな~(泣



少し良くなり食事もできるように 最初は軟らかめのお粥と 軟らかめの
おかずでしたが それが普通の硬さのお粥と 普通の硬さのおかずになり
やがて普通のご飯が 食べられるように回復しました。


食事は専用の食堂でするのですが 自分の名前の書かれた膳を運びます
まだ点滴しながらですから スタンド動かしながら 片手で膳を持つ
これが重いんだって 病人にこんな重いの持たせて(ほんとに重いんです)
 食事は美味しいけど薄味~~~   


入院した所は 耳鼻咽喉科の病棟で 耳鼻科の先生と 咽頭科の先生の
二人の診察です 担当の若い男性医師はぶっきらぼうですが
中年の女性医師は朗らかハキハキ系で良かった。


そのうちお風呂に入れるようになって もう少し早い時期のお風呂だと
看護師さんに付き添って頂けたようです   恥ずかしいぞ~

 
そのお風呂は男女で同じお風呂を利用するのですが日によって何時から男性と
決められていました 1回30分です。使用中は使用中の札を出すのですが
1回出すのを忘れた事があります。
お風呂はいいですよ ストレスの発散になります 自分一人だし 浴槽を使うと
掃除が大変なので シャワーだけにしときました 30分は掃除も入れると短めです。


点滴 

画像はMicrosoftのクリップアートから  こんなに若くない(笑)


少し元に戻りますが 二日連続ストレスで寝られなくて1階のロビーで
4時まで過ごしていましたが これじゃ体が持たないから 3日からは
眠剤ミンザイ(なぜかこういう呼び方 睡眠薬ではない)を貰えるように
なって これが5時間は熟睡できるというものでした。
早く飲むと早く目が覚めますからね 人生初の眠剤は怖かったです、


その5時間は意識がなくなるような感じがして 何が起きてもわからない
みたいな 間違ってイメージ?を持ったのでしょうね。
医師が病棟にいる時間は短く 何か変更して貰うにも 今先生いませんとか
眠剤もすぐには頂けませんでした。


一人が退院して窓際のベッドが空き そこに移動しましたが 看護師さんに
余計な手間をかけさせてしまいました 窓際はいいですよ 明るく開放的。
今までは出口のとこだったので 隣のベッドと出口方面に気を使わないと
いけなかったからね。


入院した時に特別室もありますよといわれましたが お金が大変だし
将来の事も考えて大部屋を経験しておこうと 6人じゃなく4人で良かった。
夜になると寝られないアレは 特別室で一人なら寝られたと思うんだよね
絶対寝られたかな~ どうだろ 大部屋よりはマシだと思うよ


で4人部屋で4日間入院で18万かかりました 勿論自己負担は
がくっと少ないですが それが特別室ならその4倍とかするのかな?
特別室もランクがいくつかありました。 




新聞は朝1回おばちゃんが売りに来るのですがその時買いそびれると 
1階の売店までいきます、別の方がワゴンサービスで色々載せて回ってきますが 
それも1日1回のみ。


私は血管が細い方でいつも大変なのね うまくいかず何回も針を刺され
内出血し?腕が青くなりました 看護師さん大変だから「何回でも刺してください」
「細くてごめんね 細くていい事何もないね~」なんて言いながら。


点滴のチューブがどう血管につながってるのか興味しんしん。
透明なチューブが血管から出ていてそこに点滴つなぐんだね
お風呂に入る時は点滴外して 伸びてるチューブにキャップをして
包帯でグルグル巻にし ビニールかなんかかぶせて・・・・濡らさないようにお風呂。
点滴が完全に外れた時は ものすっごく嬉しかった 自由になれるんですから。



病室にはトイレ部屋がついていたのですが 小さいほうは普通にできますが
気を使って大きい方ができなくて わざわざ離れた所に行ってました
なかなか大きい方が数日出なくて気分がスッキリしなくてね~。


奥さんも毎日来させるわけにもいかず 1日おきという事にしました
奥さんは車運転しませんし バスを乗り継ぎながらくるので大変なんです。
離れた電話ボックスで奥さんと話せるのがうれしくて あれやコレヤ
いっぱい話してストレスも少しやわらぎます。



入院3日目にこの様子ならもうすぐ退院ですよと担当医師
そしたら翌日の お昼に退院になりました。
その嬉しい事といったら やっと家に帰れる 普通の暮らしができる
いつもの自分の部屋にいられる ストレス バイバイなのです
退院は最高に嬉しかったです 奥さんは あそこでお寿司食べて帰ろうかと
言いましたが とんでもない もう家に直行 それ以外の選択肢はない。


毎日違う看護師さんが来てました 男性も含めて、
綺麗な人  背の高い人  両方のポッケにギュウギュウ詰めの人
体大き目で朗らかなジャガー横田さん風な方、あと男性看護師。
その節はお世話になりました~ お医者さまも。


病名は「扁桃周囲炎」 退院後1週間して 外来で診察してもらい終了です。

A病院
 
ごめんなさい 思いつくまま書くからバラバラで(いつもの事だよ? まぁそうだけど)
退院してからも しばらくは静養してました。
一人病人がでると大変です 私だからいい様な物の 奥さんが入院したら
何もできない私はオロオロするばかりでしょう。
奥さんにはとてもとても 面倒かけました ありがとね。 


たった4日の入院だったけど 自分的には大変でした 何故4日位の入院で
そんなに大変に思うのか不思議かもしれませんね 普段 二人だけで楽~な暮らしを
している反動なのです  日中は平気なんですけど 9時消灯=真っ暗が
こたえるのです 普段夜遅くまで好き勝手に過ごしてるから
すごいストレスでした 私は1ヶ月も入院してたら胃潰瘍になるかもしれない。
なんて軟弱者なんだという話で呆れてしまったでしょう
大勢な所(たった4人)で寛げなくて いろんな人が出入りする環境は
苦手です いつも奥さんと二人で気ままに暮らしているから。

      
 元気が一番 元気があれば何でもできる・・・・どこかで聞いたような(笑
 
長かったでしょう ありがとうございました 体は大事にしませんと。

いっつも応援有難うございます。
ひまわりB ひよこデジカメA
スポンサーサイト
からだ  /  tb: --  /  cm: 8  /  △top

コメント

おはようございます

面白かった(-^〇^-)

奥さんと話せるのが嬉しい!なんて・・・(〃ω〃)
我が家ではありえないですね。
ラブラブですネ(/ω\*)

私も入院だけは避けたいですね。
家がいいですもん。

URL | はちみつ #-

2013/08/17 08:06 * edit *

はちみつ様へ

面白かったですか~ それは良かったです
決してラブラブじゃないですけど 胸にたまった物を
吐出す相手は奥さんしかいませんから みんな話せて
スッキリ わかって貰えたということで気持ちも少し
軽くなりました 少しでも話してストレスを軽減しないことには
大変なんです。
私も入院はもう嫌です 普段の生活が一番です
多分毎日大勢の方と接する方はこんなにストレスは
ないかもしれません ぶっちゃけ実家であっても
寛げません 実家でもよその家ですから。
読んで頂いて有難うございました。

URL | モズライト #5zjWDM/s

2013/08/17 11:39 * edit *

大変でしたね

どこでも入院というのはストレスフルですよね。でも、4日で済む病気でよかったですよね。長期入院、想像すらつかないです。発狂しそうです。

病院の形態が違うので、比べながら読んでおもしろかったです。こちらは入院できる病院は公的な医療保険の対象になる公立あるいは非営利団体の運営する病院だけです。それでいつもベッド不足の状態で、入院しない日帰り手術が多いです。(でも、救急センターからの入院は拒否されません。というか法的に拒否できないので、要入院患者がいてベッドがないときは他の病院を探して搬送します。)

私がこっちで入院したのは、卵巣膿腫の内視鏡手術で入って、そこで大元の問題が見つかって4日後に開腹手術ということになって、トータルで10日目の朝に退院でした。標準の4人部屋で費用は手術費も含めてすべて保険がカバーしてゼロ。2人部屋や個室を希望すると別料金を取られますけど。私は退屈し切って、仲良くなった隣のベッドの人のベッドの頭を上げたり下げたりして、看護婦さんに叱られました。しまいにドクターが「そんなに元気ならもう帰っていいよ」(笑)。

たったの10日だったけど、カレシはタイヘンだったようです。病院が近いので仕事の後で会いに来るたびに文句、文句。見かねた同僚や友だちがご飯を食べさせてくれたらしいです(笑)。あまりにもタイヘンで、ワタシが退院した日から(自分の)「休養のために」2週間の休暇を取りました(呆)。

まあ、大人は誰でも普段から自分の最低限の面倒くらいは見られるようにしておかないと、ですね。健康でいられることに越したことはありませんけどね。

URL | lyra #-

2013/08/17 11:58 * edit *

lyra様へ

入院してとても大きなストレス感じるのは私位かと思ったら
lyra様もそうですか お仲間がいてうれしいです。発狂しそうですの言葉は
10日入院された方の物なのでしょうね~ 実はね私は入院してから退院する日まで
幻聴が聴こえていました24時間のべつまくなしに 奥さんには何も聞こえないって
いうから幻聴だとわかりました 幻聴の内容はお笑い系のDVDが延々と流れて
いる感じです そう言っても何の事やらでしょうけど。

病院の形はいろいろですね~ 私は偶然ベッドが空いていたためか入院できて
良かったです 辛かったけどドンドン良くなりましたから。
手術されるとなったら ストレスは私の非ではない筈 手術箇所によっては
生きて帰れないなんてことも覚悟しなくてはいけないし 昔 幼い甥が手術して
亡くなってしまいました。献血の為 禁煙がが続いて私自身も大変なストレスでしたが
まさか亡くなるとは思いもしませんでした 親のショックは計り知れないでしょう
多少の覚悟はしていたいたかもしれませんが。

入院して暇を持て余して隣の患者さんの面倒みたり面白いです(笑)
うちですとコンビニも歩いて行けるので食べるほうは何とかなりますが
カレシ様は病院に見舞いに来て文句言われてるようで大変だったんですね~
その2週間の休暇は家にいてくれたのかな?まさか旅行にはいかないよね
病人ほっといて(笑)最後の言葉は耳が痛いです>< 何にもできないから私
健康でいたいです 願うのはそればかり そのくせ努力しない天邪鬼(呆)  

URL | モズライト #5zjWDM/s

2013/08/17 14:34 * edit *

こんにちは

たいへんでしたね。
病院に行って正解でしたね。
うちの父は風邪かと思って病院に行ったら
脳梗塞と言われ即入院しました。
後遺症も残らず、今も普通に生活できて助かりました。

自分で症状を判断して病院へ行く機会を失ったり
遅れたりすると後がたいへんですからね。
お互い体には気をつけましょう。

URL | こころん #-

2013/08/17 14:58 * edit *

こころん様へ

こんにちわ~ はい行って良かったです 入院になるとは
100%思いもしませんでしたから。お父様はラッキーでしたね
風邪が脳梗塞だったとは。 病院ギライの方は大変ですよ
私はおかしいと思うとすぐ医者に行きますからね

風邪位で病院なんか行くなって人もいますけど 調子が悪いんだから
行きたくなります私は、確かにうちの奥さんは風邪は寝てれば治る
タイプですから 風邪位でって言う人はそういう丈夫な方かもしれません。
体には気をつけてますが二年に1回は風邪で寝込んでしまいます
こころん様もお体お大事に^^ 

URL | モズライト #5zjWDM/s

2013/08/17 16:21 * edit *

No title

いつもありがとうございます♪

文章が上手だから一気に読めましたよ。
病院嫌いな私だから入院って言われたらどこかへ居なくなっちゃうかも~。
喉を切開しなくて良かったですねぇ。

まだ30代だったころ、私が鎖骨を折ってやっとギブスが取れたと思ったら主人(当時)がアキレス腱を切って入院よ。
毎日来いって言うから仕方なく通ったのを思い出しました^^
5年前に息子がぜんそくやらで入院した時は、毎日来なくてもいいよって言われたけど私は無理やり用事を作って通いましたよ!
この違いからか、当時の主人とは別れたんだけどね^^

URL | mu.choro狸 #-

2013/08/17 17:56 * edit *

mu.choro狸

いいえ~ こちらこそ有難うございます
文章が上手> あら~~ そんな事言われたの初めてだからとても嬉しいです
mu.choro狸様は病院嫌いでしたか どこかに居なくなる 私みたい(笑)
ほんとに喉切らなくて良かった 今まで手術したことないので そうなったら
すごいストレスだったでしょう(泣)4日では出られないでしょうし。

あら~鎖骨ですか~ ご主人様がアキレス腱だとトイレにまず困るのかな~
それと寂しがり屋なのかな
私も毎日来て欲しいですが近くないので無理だしバス乗継だから
遠慮しました 奥さんが倒れると悲惨ですから我が家の場合 私何もできない。
近場で車でいけるなら多少は楽だけど 奥さんは徒歩で役所に書類出しにいったり
入院なんてはじめてだから結構疲れたようです。

優しい息子さんで良かったですね むりやり通うmu.choro狸様^^
夫婦は譲り合わないとやっていけません 離婚も大変だったでしょうね
日常と違う事するのは疲れます 相手がいたら猶更 お疲れ様です。


URL | モズライト #5zjWDM/s

2013/08/17 19:31 * edit *

△top

コメントの投稿

Secret

△top