秋の上堰潟公園 (後編 

 目当てのサギは少なくガッカリだった上堰潟(うわせきがた)公園

アオサギ  鳥の正面からの顔は面白い
●SA2014・11・17弥彦上堰_74L

ダイサギ どうも白鳥や鴨と違って水面に浮いてるのを見た事がないような
何かが決定的に違うんだろうね
●S2014・11・17弥彦上堰_21L  

オオバン みんなで菜っ葉食べてました
●S2014・11・17弥彦上堰_40 


ダイサギ 夏冬にクチバシが黒から黄色に変わる 目の下のクチバシからのラインで
判別可能らしい 長いのがダイサギ  目の下まで来ないのがチュウサギ
シッカリきてます。
●S2014・11・17弥彦上堰_83 

なに鴨やら
●S2014・11・17弥彦上堰_63L  

現地に着いたら爆音がしてました ヘリにロープ?がついて何やら作業中 ラジコンではない

しかし怖い作業だね 飛びものにロープがついてて 何かに引っかかったらと思うと
地上と空中との連絡が大事。
●S2014・11・17弥彦上堰_06P 
撮影 2014・11・17 新潟市西浦区 上堰潟公園 
カメラ Canon Powershot SX60 HS 


秋の上堰潟公園と言いながらどこにも秋がないし


いつも応援ありがとうございます
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
CTRLキーと一緒に押しますと新しい窓作らないので少しは気楽です
スポンサーサイト
上堰潟公園  /  tb: --  /  cm: 6  /  △top

秋の上堰潟公園 (前篇  

鳥を撮りに 新潟市西浦区 上堰潟(うわせきがた)公園に

ここは9月4日に来た時は そこかしこにサギがいて 例の大きなアオサギ写真もとれて
期待に鼻を膨らませて行ったのだが さっぱりでした~
60Dに300mmつけて 光学65倍コンデジを三脚につけて移動。。。。
結果がサッパリだと機材の重みが増します。
●S2014・11・17弥彦上堰D_142 

鴨だけは一杯いいますが 瓢湖みたいに餌付けされていないので人がくると
一斉に飛び立ちます 上の鴨は首の白筋からみてオナガカモか
●S2014・11・17弥彦上堰D_133 

葉を落とした樹 そのままの樹 冬はもうすぐソコに。
●S2014・11・17弥彦上堰D_138 

この公園 一周2kmで左右どちらから始めても距離表示があります
結構散歩してる方いらっしゃいます 9月4日には わらアートがあった
●S2014・11・17弥彦上堰D_111 

もうすぐ一周終りという所で雨に降られる 半透明なカッパは着てたが。
●S2014・11・17弥彦上堰D_149 
撮影 2014・11・17 上堰潟公園 カメラ:Canon 60D




いつも応援ありがとうございます
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
CTRLキーと一緒に押しますと新しい窓作らないので少しは気楽です
上堰潟公園  /  tb: --  /  cm: 2  /  △top

最近思う事 

最近思う事
・なぜ衆議院は解散したのか?600億を被災地に使えよ~~
・産経新聞ソウル支局長の車と抗議する右翼の人々の距離が近すぎる 黙認かい
・松坂も日本に戻るか~ イチローの契約はどうなっただろう

クチバシが全部黄色なのでアヒルです 足も白鳥と違う
アヒルはマガモを飼い慣らして人間によって作られたもので数メートルしか飛べないため
襲われやすい(泣) 種類も豊富

●S2014・11・16瓢FR_456

撮ってから気が付いた 病気かな?かわいそう

後記
瓢湖にはどうも 白いアヒルはこの一匹みたいだ たった1匹だから苛められるのかな~
あのすごい数の中で一匹って・・・・ 後ろから突っつかれて抜けたのかな?
白鳥が他の鴨をつっつくシーンはよく目撃する
●S2014・11・16瓢FR_451 
2014・11・16 阿賀野市瓢湖


いつも応援ありがとうございます
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
CTRLキーと一緒に押しますと新しい窓作らないので少しは気楽です
アヒル  /  tb: --  /  cm: 2  /  △top

 

鳥のヒナに見立てて 「こんなに子だくさんじゃ親の身が・・・・」
面白いのが5弁のなかに4弁がチラホラ混ざってる

●S2014・11・15FR_406 

端から準番に開いていくのでしょうか 中心が開くまで花びらは持たない?
●S2014・11・15FR_409 

●S2014・11・15FR_408 

菊よりも周りの色がきれい
●S2014・11・15FR_411 

一枚目が偶然こんな風に
●S2014・11・15FR_407 
撮影 2014・11・15 新津フラワーランド



いつも応援ありがとうございます
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
CTRLキーと一緒に押しますと新しい窓作らないので少しは気楽です
花の写真  /  tb: --  /  cm: 2  /  △top

ベルボンの雲台購入 

持ってるMeFOTOの三脚で鳥を撮ってみた A1350は球形の自由雲台なので
花を撮るにはよくても動くものを撮るには600mmには全く不向きだとわかる
自由自在に動けるが水平を保てないしレリーズ押すにも不便だし怖い。

 

さぁそこで雲台の交換になるわけです 今持ってるA1350を生かす事にしました
オイルフリュード(油圧ではない)特殊なグリスが入って少し負荷がかかりながら 
水平を保ちながら写せるベルボン FHD-60QN ¥20358(税込)を購入


関連記事「三本目の三脚」http://kajiyanokemuri.blog73.fc2.com/blog-entry-882.html
    「600mm購入」http://kajiyanokemuri.blog73.fc2.com/blog-entry-1051.html
    「600試し撮り」http://kajiyanokemuri.blog73.fc2.com/blog-entry-1055.html

●SAB2014・11・22雲台G_15
緑が元々の球形の自由雲台 黒が特殊グリスのもの 多分黒い物はカメラを
縦型には傾けられないと思う 取っ手は向こうからも挿し込めます 
4方向の取っ手の形が可能です   重量890G
自分の買った三脚にこういう道があって良かったと思った次第であります。


鳥撮るにはどういう三脚が雲台がいるのか検索しまくり疲れました
三脚から黒い雲台を外す時は雲台の水平垂直のツマミでロックしてから外します
それがわからなくて グルグルまわしても全く外れなくて。
●S2014・11・22雲台G_16
簡単に言うと三脚を水平にセットすれば もういつだって水平線は変わりません
カメラを横に傾けることができないから もっとも雲台に交差するようにセットしたら
可能ですが一般的な使い方ではないのかも。

負荷がかかってるのでパパッとは動けません 


600mmレンズと雲台買ってデジスコというものを知りました なんと3000mmも
可能だそうで軽いし安いし面白そうです。 


いつも応援ありがとうございます
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
CTRLキーと一緒に押しますと新しい窓作らないので少しは気楽です
カメラ  /  tb: --  /  cm: 2  /  △top

タムロン150-600mm試し撮り 

タムロンSP150-600mm F5-6.3 Di VC USDの試し撮りと言う事で
新潟市中央区新潟日報メディアシップ4階の庭から撮りました
対象は信濃川を挟んだAsahiの青い看板。



5184×3456ピクセルを1300×867にリサイズ
 
600mmの一番広角側 150mm  斜めってるのは笑ってください(*^_^*)
●S600の150です_03 

600mmの一番望遠側 600mm
●S600の600です 

タムロンSP70-300mm F4-5.6 Di VC USDです
一番望遠側 300mm
●S300の300です

同じく 一番広角側 70mm
●S300の70です 

300mmの看板サイズを計る 600mmのも計る そうすると600mmは300mmの3.95倍
の大きさになっててビックリ 縦も横も倍って事なのだろうか。
口径の違いなのか?300mmは62mm  600mmは95mmのフィルタ径です



比べ安いように1枚にしてみました 上が600mmレンズ 下が300mmレンズ 
試し撮り2page

タムロンの300mmは絞り値がまずいのか いつも300mm限界で撮ると白っぽい
写真になりましたが(個体差?) 600mmはそんな事はなくて良かったですって
今日のは白くなってないな~ 天候か?

-----------------------------------------------------------------------------

買って言える事は 600mmはでかくて重いので 今まで自分の使ってたカメラバッグも
一緒に持っていこうとすると大変な負荷がかかります(頑健な方は別ですが)
ですから今日は600mmで行こうと思うとリュックにレンズをもう1本入れる位の
事しかできません 


7本のレンズ重量   2800g + バッグ 
600mm         1951g 
新しい雲台        890g
リュック          1200g
三脚            1600g
カメラ60Dボディ      675g
-----------------------------------------
               9116g + その他の荷物

太字一式で6316g + α 結構重いんです リュックでないと無理かも



600mmのレンズ買いましたが私に元はとれないでしょう
脚力があって忍耐力があるかたなら元はとれるかもですが
どっちもないのです( ̄◆ ̄;)




関連記事「600mm購入」http://kajiyanokemuri.blog73.fc2.com/blog-entry-1051.html
      「雲台購入」 http://kajiyanokemuri.blog73.fc2.com/blog-entry-1052.html



いつも応援ありがとうございます
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
CTRLキーと一緒に押しますと新しい窓作らないので少しは気楽です
カメラ  /  tb: --  /  cm: 4  /  △top

福島潟の夕景 

軽が納車されたので その足で午後の福島潟に向かったら夕日が撮れそう!
初めての福島潟の夕日良かったですヽ(´▽`)/  実際の色あいよりは少し濃く撮れてました。


すこし緑が入ったような夕焼け 
●S2014・11・7新車_93 

穏やかな水面がうれしい
●S2014・11・7新車_110 

似たような構図ばかりで  太陽が火球のよう 見た事ないのだが
●S2014・11・7新車_108 

傾いてます 治すと写真が小さくなってつまらないので そのまま
●S2014・11・7新車_97 

午後4時頃 昔は稲を干す稲架木(はさぎ)がどこにでも有った
●S2014・11・7新車_72 
撮影 2014・11・7 新潟市北区 福島潟(220種以上の渡り鳥の飛来地)




いつも応援ありがとうございます
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
CTRLキーと一緒に押しますと新しい窓作らないので少しは気楽です
福島潟  /  tb: --  /  cm: 6  /  △top

タムロン 150-600mm購入 

最近 記事も作れていないし 訪問やコメントも怠け気味になっていますo(_ _)oペコッ 
出かけてばかりで少し疲れ気味。
  

タムロンSP150~600mm F5-6.3 Di VC USD (APS-C換算 960mm)
ととうとう買ってしましました  95mmプロテクター込みで13万チョイです。


タムロンの300mmでやめとこう それ以上は重いし高いから無理だと決めていたのに
 で高額で超望遠買うよりもコンデジの高倍率(65倍)のほうがいいですよとの事で
SX60HS購入 どうも遠くを写すには三脚前提らしい(うまい方は別)


よくわからないけどレンズの口径の違いなんでしょうかね60D+タムロン300mmの方が
圧倒的に撮りやすい(当たり前だろの声が飛んできそう)それで600mm購入に至ります
シグマの600mmもあるようですが行くカメラ屋さんには無かったです


フードつけて伸ばしきった状態 カメラは60D もう主役はレンズです
結構ズームリング固めになっています シグマだとケースも付属しますが
タムロンはフードだけです 鏡胴が動かないようにLOCKボタンついてます。


重いので注意深く取扱います レンズの先がゴム製になってますから立てておいても
レンズに傷はつきません プロテクターつけてもまだ3mmの凹みがあります
カメラ+伸ばしきったレンズ+フードで約50cmです   1951g
●SIMG_8527

●SA2014・11・24バッグG_04 ●S2014・11・24バッグG

瓢湖で撮った鴨 焦点距離552mm  ヒドリガモ オス    何の参考にもなりません
少しお待ちください(泣
●Sヒドリガモ雄2014・11・21瓢600_222  

箱がなかなか捨てられません
●S2014・11・21瓢600_05 

関連記事「試し撮り」http://kajiyanokemuri.blog73.fc2.com/blog-entry-1055.html
      「雲台購入」http://kajiyanokemuri.blog73.fc2.com/blog-entry-1052.html




いつも応援ありがとうございます
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
CTRLキーと一緒に押しますと新しい窓作らないので少しは気楽です
カメラ  /  tb: --  /  cm: 10  /  △top

紅葉 弥彦神社 

新潟市西浦区 弥彦神社は丁度 菊人形展で混雑してて神社の前の駐車場は
なかなか開かず 坂の上の駐車場に入れてきた 1時間制限ですよ ここ。
すぐさま 目的のひとつのカレー豆を探す 運よく3個あったので それと温泉饅頭を買う。

●S2014・11・17弥彦上堰D_86P 

時間がないので弥彦神社だけ歩いたが紅葉はそんなに多くは無い
神社とは別に弥彦公園がいいらしい  赤い紅葉は失敗してしまった。 
●2014・11・17弥彦上堰D_74P 

背景が雑多すぎた。。
●S2014・11・17弥彦上堰D_93P 

黄色もいいいな~
●S2014・11・17弥彦上堰D_32 

欄干が主役のような
●S2014・11・17弥彦上堰D_19 

北方文化博物館 庭の紅葉も見頃らしい
●S2014・11・17弥彦上堰D_66 

食べだすと止まらなくなるカレー豆 とても人気があるようで 弥彦の土産物屋さんに
少量しか来ないそうです 土産物屋さん多いから 各店にあるんだろうか?

麦饅頭?が好き 皮は厚めで粒餡だと一番いい 皮が薄い饅頭は苦手です。
甘い物が欲しい時は 中に餡さえ入ってたら食べますよ。
●S2014・11・20福D
撮影 2014・11・16

いつも応援ありがとうございます
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
CTRLキーと一緒に押しますと新しい窓作らないので少しは気楽です
花の写真  /  tb: --  /  cm: 6  /  △top

ナツハゼの実 etc 

ハナミズキ 花水木」 ミズキ科 花の色は白もあります
本当の花は中央にある緑色の部分で 花のように見えているのは総苞です 

goo辞書より 「総苞」・・・花序全体を基部で包む小さなウロコ状の苞の集まり
                菊 タンポポなどにみられる
wikiから簡単に抜粋・・・・蕾を包んでいた葉の事で苞葉ともいう  抜粋しすぎか   
●SA2014・10・18園D_333  

ぷっくり膨らんでなんて素敵な色 和色大辞典・・・・からくれない色かな~
●S2014・10・18園D_336 

カニみたい?
●S2014・10・18園D_335 

ナンキンハゼ」 トウダイグサ科 中国原産 南京産のハゼノキ 石鹸やロウソクの原料に。
花は6~7月らしいが10月18日に花も咲いてた 櫨(はぜ)

果実から採れる油がポマード 石鹸 クレヨン ローソク等の減量になる
キレイな葉っぱ
●SA2014・10・18園D_252 

ナツハゼ 夏櫨」 ツツジ科 実はブルーベリーの一種だとか
酸味は強いがよく熟れると甘くなるらしいが低いレベル 果実酒にする人も。
名前はハゼノ木みたいにに紅葉するからという理由

赤い葉といい実といい絵になります 実が若い時は赤っぽい色です
●S2014・10・18園D_285 

同じナツハゼの中にいて 小ぶりの実だし ほんとにナツハゼなのかな?
●S2014・10・18園D_279 

リンゴちゃん」実と花が同時期なのは珍しいと地元の新聞に出てました
カメラ傾けて撮ってます  これだけドーム内。
●S2014・10・18園D_114L 
撮影 2011・10・18 新潟県立植物園




いつも応援ありがとうございます
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
CTRLキーと一緒に押しますと新しい窓作らないので少しは気楽です
実とか種  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top