08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

雪景色 道 

●S2017・2・14栃尾魚沼290号線_03 
崖を細かいネットで覆ったりワッフルパターン風に固めたり あのパネルで落石防止みたいな
工事 なんて名前だっけ???? 車高に対して崖高いです 崩れたらひとたまりもない
ここは崩れなさそうだけど。


撮影 2017・2・14 長岡市(大川戸 吹谷) 魚沼市 


転げ落ちそうな急斜面 工事する人も大変だ 下から見るとそう見える。
●SA2017・2・14栃尾魚沼290号線_120 

道路脇のポール 模様が赤白と黄白とある。
●S2017・2・14栃尾魚沼290号線_04 

雪景色は撮れるけど道路はこの様にきれいに除雪されていて 運転してて不安はありませんが
高速道路は少しでも積雪があると車線変更時 シャーーーーーと雪を蹴飛ばしながらの走行
滑りそうで怖い。
●S2017・2・14栃尾魚沼290号線_67 

奥村チヨさん 「北国の青い空」英語では「Hokkaido Skies」 Skyではなくて複数形か~
新潟は北国かというと微妙な気がする 寒い国ならいいけど 北国ではないかな
私の一存では決められませんけど(^∇^) でも豪雪地があるからね。


好きだった船村徹さん亡くなられました 父が好きだった春日八郎「別れの一本杉」 あの頃からの
作曲家ですから 凄いものです
風雪流れ旅とか 「髪のみだれに手をやれば 赤い蹴出しが風に舞う」 ギターで適当に弾いてみたり。


みんな逝きます そんな中 自分だけ死ぬのは嫌だとか言えないわけで
ハイ クイズです!「私は何歳まで生きるのでしょう」 嘘うそ(*´v`) 先の事はわからないからいいのだ
青い空を見てそんな事 考えてみた。
●S2017・2・14栃尾魚沼290号線_47 

石峠トンネル
●S2017・2・14栃尾魚沼290号線_91


ナビついて2年位ですが最初はトンネルでスピード出せなかったけど最近は です
慣れますねトンネルも。
●S2017・2・14栃尾魚沼290号線_90
スポンサーサイト
魚沼市  /  tb: --  /  cm: 2  /  △top

雪景色 290号線② 

●S2017・2・14栃尾魚沼290号線_95 
このまま春になるとどんな地面が姿を現すのか 多分雪がないと写真撮る気にもならなかったり?


撮影 2017・2・14 国道290号線 長岡市吹谷  魚沼市


とても寒そう
●SA2017・2・14栃尾魚沼290号線_65 

電柱の下のラインは何でしょ? 上は電線で下は
●S2017・2・14栃尾魚沼290号線_97 

何とまぁ美しい ピュアってこういう事か  あっレンズの汚れが・・
●S2017・2・14栃尾魚沼290号線_64
EOS 60Dはレンズ外してピンセットでミラー上のゴミとったり レンズクリーナーのブラシ
突っ込んだり散々してかえって状況をひどくしてしまった反省から今はエア缶しか使いません。

魚沼市  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

煌めく湖面 

●S2016・10・15奥只見枝折峠_63

奥只見湖が午後の陽をうけて眩しいほどキラキラ。


全長22kmのうち18kmがトンネルという奥只見シルバーライン 一度トンネルに入ると
もう殆どトンネルなわけで 最初はこの狭くて路面ガタガタの天井から滴が垂れるトンネルを
作った人たちのご苦労に思いをはせていたが 長いものだから そんな考えは飛んでしまった、
貴重な貴重な道です。


朝日スーパーラインとか日本海夕日ラインとかラインと名の付くものは眺めがいい道だろうと
奥只見シルバーラインもさぞかし、シルバーは江戸時代に銀を産出していた事によるそうです。


奥只見ダム 映画「ホワイトアウト」の原作地 主演:織田裕二 新潟弁が出てきてクスッ
●S2016・10・15奥只見枝折峠_205 

何と美しい 着た甲斐があるというもの 遊覧船に乗るには後40分待たねばならず断念
船は一時間おき出ています 大人1250円 一周40分 奥只見発と銀山平発とあります。
●S2016・10・15奥只見枝折峠_206 

10月15日はこんな感じ 結構斜面が広い印象。
●SPA2016・10・15奥只見枝折峠_65 

奥只見の駐車場から遊覧船に乗るには坂道を登るか このスロープカーで行くか(片道100円)
ちなみに帰りは坂道を歩く人が殆どみたい 上でスイッチ押すとコレが来てくれるそうです。
●SPA2016・10・15奥只見枝折峠_73


おまけ:ブレてて見づらいですが 山のつながりがわかって面白いです。
●SP2016・10・15奥只見枝折峠_13
撮影 2016・10・15 新潟県 魚沼市 奥只見湖
魚沼市  /  tb: --  /  cm: 2  /  △top

流れる 

●●S2016・10・15奥只見枝折峠_102 
シャッター速度 「1/15」 アニマルプリント?
 

北ノ又川 これより上流 釣り禁止でしょうか
●●S2016・10・15奥只見枝折峠_115 

●S2016・10・15奥只見枝折峠_88 (1 - 1) 

川って後で見ると どっちが下流なのかわからなくなる
●●SPA2016・10・15奥只見枝折峠_116 
撮影 2016・10・15 新潟県魚沼市 奥只見~~石抱橋~~枝折峠
魚沼市  /  tb: --  /  cm: 2  /  △top

銀山平温泉 

●SA2016・10・15奥只見枝折峠_119 
奥只見湖から枝折峠に向かう時 石抱橋前を直進したら迷い込んだ銀山平温泉 一瞬 飛騨高山みたい、
入り口でパパパッと撮っただけなのでまた来たいと思う


●ST2016・10・15奥只見枝折峠_124 

枝折峠に向かう途中見下ろす もっと紅葉したら かなりキレイだろうな~
●S2016・10・15奥只見枝折峠_126 

Picasaでオートン風 より紅葉した感じ。
●Sオートン風2016・10・15奥只見枝折峠_126 

こういう時の為に買った1000円の樹脂製足台 車に積んでたのに思いださず。
●S2016・10・15奥只見枝折峠_127 
撮影 2016・10・15 魚沼市 銀山平温泉
魚沼市  /  tb: --  /  cm: 2  /  △top

枝折峠(3) 

●SA2016・10・15奥只見枝折峠_176 (1 - 1) 
海も川も好きですけど山がかなり好き 山の複雑さがいいのかな~ 入り組んで谷だ尾根だと
 平場から眺めても想像できなくて ドローンで見てみたい というか自分で飛んで見下ろしたい( ^ω^ )



少し離れた尖った山
●S2016・10・15奥只見枝折峠_156 

枝折峠の建物裏の登山口に 少しだけ登ってみたら 横にこんなきれいな物が たいして根も
這ってなくて持ち上げられます、 上から登山者がおふたり 山で会われた方の様で謝辞が聞こえた。

少しだけ登ってみました 下からは窺い知れないけど 山に繋がっているようです
登りは平気でも階段を下りる時 膝にショックがきます。
●S2016・10・15奥只見枝折峠_164 

小出ICに向かって下っていきます 擦れ違いがきつい所もあって 大きな車だと大変だろうな~
途中で立派な二車線道路が出現してびっくり そして夕方に鬱蒼とした森の道路は
暗くて怖くて早く抜けたいと思った。

枝折峠を午後4:17に出て帰宅したのは午後7:30頃 若干撮影するとはいえ3時間位
かかります 夜中なら2時間で着くのかな~ 

霧の山道想像すると怖いです 山本山位ならいいけど 霧でヘッドライト上向きにすると
余計悪くなるのでで下向きが良い。
●SA2016・10・15奥只見枝折峠_179B (1 - 1) 

やっぱりメガネ買わないと駄目かな~ この看板で左折しちゃった 枝折峠が奥只見方面に
見間違えたか? カメラでズームしてこの大きさ 実物の看板はもっと小さいのです。
●メガネいるのかも 
撮影 2016・10・15 魚沼市 枝折峠
魚沼市  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

枝折峠(2) 

●SA2016・10・15奥只見枝折峠_155 (1 - 1)

これがクッキリ見えたらどんなにいいだろう 午後2:40 ・・・・レンズが汚れてる(汗

枝折峠から下を望む この遠くなるにつれて山が薄い色になる現象は何でしょう?
空気感?ガスってる? 樹々からなにかでてる? 植物からの蒸散(水蒸気の放出)説があります
何でも地表部?から蒸気をだして地下から冷たい水を吸い上げて温度調節しているんだとか 
言ってみれば植物の汗ですかね?

帰りの道 当然ながら うねうねしてる山道は 舗装されてはいても時間がかかります。



奥只見に通じるトンネル群はオートバイ 歩行者禁止だそうで オートバイはこっちに来るのね
●ST2016・10・15奥只見枝折峠_181 

午後の太陽が左上からうっすらと光芒を作り出しています
●SA2016・10・15奥只見枝折峠_179B (1 - 1) 

右下の艶やかな緑が美しい と今頃気づく
●SPA2016・10・15奥只見枝折峠_159 (1 - 1) 

間違って奥只見湖行ったので正しくはないですが294Kmの道程でした
長岡あたりからだと随分近くなりますね 距離半分になる計算です 引っ越しはできませんし(羨ましい)
B地図3時間かかる 

撮影 2016・10・15 魚沼市 枝折峠
魚沼市  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

枝折峠 

●SA2016・10・15奥只見枝折峠_186 
ケラレが・・・

初めて愛車で 奥只見 枝折峠まで足を伸ばしてみました ナビで枝折峠を指定したのですが
古く狭い滴がポチポチ降るような長い長いトンネルのなかで右折を指示され そこは壁なわけで
(ナビのデーターが古いのかな) 緊張する長~~いトンネルを出ると枝折峠かと思ったら
そこは奥只見湖でビックリ キレイでしたが。


トンネル内を今度は左折して枝折峠に向かいました 土曜ということもあり どこも県外ナンバー、
オートバイ多かったです 奥只見湖は全国から来ている感じでした。
紅葉はまだまだですが枝折峠はこんな感じです


早朝の枝折峠に新潟からは遠くて行くのは無理かな~ そこまで根性ないです。
枝折峠 山々してて(笑)良かったです 次回は奥只見に向かわないように気をつけなくっちゃ。


撮影 2016・10・15 魚沼市 枝折峠 しおり って読むんだね 

魚沼市  /  tb: --  /  cm: 6  /  △top

苦労三倍の棚田 

●S2015・4・27小松倉D_98 
魚沼市 小松倉方面 
 
ちょっとした空間を惜しむように棚田が点在していました
調べると平地の田と比べ苦労三倍 収穫量六割という数字が・・・・
泣ける話です せめて収穫量は9割位になったらいいのにね~
●S2015・4・27小松倉D_109 

水を満々とたたえる棚田か?鯉をいれるのは棚池と呼ぶそうです
●S2015・4・27小松倉D_115 

こちらは小さなダムみたいな所でした
●S2015・4・27小松倉D_171L (1 - 1) 
撮影 2015・4・27 魚沼市 小松倉



ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ2月Aオオイヌノフグリ 
押して頂けると喜びます(*^_^*)
魚沼市  /  tb: --  /  cm: 2  /  △top

残雪と新緑 

●S2015・4・27小松倉D_72 
とあるブロガーさんの写真を見て私も撮りたくなり魚沼市 小松倉に行ってきました
車で遠出なんて何十年も前に上越とか十日町に行って以来です  新鮮な道なので
目はカッと見開いて運転に集中できます フロントガラスに羽虫?ドッチャリついて
汚くて途中で掃除 明日は洗車だ。


中山峠に登ろうとしたらアチコチ雪で行き止まり、 小松倉へは291号線を行きました、
欲を言えばもっと雪が残ってる時期がいいかな もう半袖でしたから結構溶けたのかも、
緑に囲まれてホーホケキョなんて声も聞こえてきて最高でした 新潟市あたりでは
得られないものがここにはあります。
●S2015・4・27小松倉D_51 

両側雪の中山峠 車一台やっとですれ違いは無理です
向こうから車が来たらアウト  雪で行き止まりの場所で やっと軽トラに会っただけです。
●S2015・4・27小松倉G_36 

新潟市から一時間半で魚沼市に行けました 十日町の星峠は遠いけど行ってみたいな~~
松代だったかな美人林も。 


もっと早く(今日は10:15出発)出ないと、 今日は高速代が往復4000円位だったかな
やっぱり紙の市クラスの地図欲しいです 大きな新潟県の地図では情報が薄い
携帯がいいのかノートPCがいいのか出先で検索できたらいいのだが 
やはり万が一の事もあるから携帯なのかな~。


カタクリでしょうか 路肩の崖っぷちで咲いてました 近寄れないので望遠で。
昔聞いた「ボーエンだよ ボーエンだよ」のコマーシャル ペンタックスだったかな~
●SA2015・4・27小松倉SX_09 
撮影 2015・4・27  魚沼市 小松倉方面





ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ2月Aオオイヌノフグリ 
押して頂けると喜びます(*^_^*)
魚沼市  /  tb: --  /  cm: 2  /  △top