02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»03

シンメトリーⅡ 

●Sちょっとまった2016・3・18D瓢湖_420 「ちょっと待ったー」て感じ? 足が湖底に着いていたりするのだろうか 翼が少し切れたのが残念。
丁度一か月前 オナガガモの「シンメトリー」記事です 上とは翼の広げ方が違います



どんなセリフが相応しいでしょう?  シンメトリー崩れ  SS1/4000で連射 
一写入魂の方は連写はお嫌いな様です。

連写といっても鴨さんのこういうポーズは一瞬  EOS M3は4.2コマ/秒 1/4000では 
せいぜい2枚撮れるかどうか だって私の反応が遅いから(T_T)
●S2016・3・18D瓢湖_422 

上の直前に撮れたのがこれ
●S2016・3・18D瓢湖_421 

こんなトロフィーなかったっけ  肩骨?鳥的には前縁(ぜんえん)の あの繊細さはどうです
●S2016・3・18D瓢湖_424


ふだんなこんな様子なハシビロガモ 
●S2016・3・18D瓢湖_431 
撮影 2016・3・18 阿賀野市水原(すいばら) 瓢湖 




ブログランキングに参加しております 宜しかったらお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ2016・2月用A
にほんブログ村
スポンサーサイト
ハシビロガモ  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

クチバシが特徴のハシビロガモ 

●S2014・12・25瓢升福SX_108 
最近みつけた鳥のサイトで文字数の多いところがありました
「CFC徒然野鳥記」様です クチバシの形はその鳥の食事等に関係するという


面白いのは人間はせいぜい体格と色の違いだけなのに生き物って何故こんなに
多様なのか 人間はとても狭い範囲の生物なんだね きっと、それが地球を牛耳っていますよ


ハシビロガモ」 クチバシが広いのは上記のサイト様によると 一度に水を大量に
飲む為 そしてクチバシの左右に密集した櫛状の歯があり 水を濾すのだそうです
この櫛の様な歯の密集してるのがハシビロガモの特徴の一つらしい
●SP2014・12・25瓢升福SX_88 

クロスしている羽根が面白い  仲間と協力して餌を摂るようです
●S2014・12・25瓢升福SX_113 

オナガガモに比べるとクチバシが長い(この写真じゃわかりづらい
●S2014・12・25瓢升福SX_110 

餌をあげて口があいたらシャッターチャンスです 密集している櫛状の歯が見えるかな
●SP2014・12・25瓢升福SX_96 

(既出) どちらかというと私の行く先ではハシビロガモはそんなにいません 
      オナガガモやマガモ カルガモは多いが。
ハシビロガモ
撮影 2014・12・25 阿賀野市 瓢湖  既出は不明

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ2月Aオオイヌノフグリ 
押して頂けると喜びます(*^_^*)
ハシビロガモ  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top