06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

勘違い 

一泊二日の撮影に出て川でスローシャッター撮ろうと思ったら今まで使ってきたコード付きの
リモコンRS-60E3(写真右端)をM3に挿したらブカブカ

PowerShot G11
EOS 60D 
PowerShot G1 X MarkⅡ(売却)
PowerShot SX60 HS
EOS M3


こういう流れで上記4機種でこのリモコンが使えてきたのにM3でいきなり?変わるわけです
考えもしませんでした どうしましょ?!しかたなく手押しでシャッターです
ちゃんと読んでいればわかることなのに。


60Dでも丸っこいリモコンRC-6使えますがM3よりは後ろの感知範囲が狭いです
M3では「set」の「タイマー/リモコン」で設定します 
これを持ってたらシャッター押すの自由自在 中心をポコッと押すだけ
リモコン2 


みんな三脚+手押しでご免なさい  

近くの川ならいいけど そうそう行けない場所でリモコンの使えないスローシャッターは
痛いです  まだここは良かったのです 日本の滝100選に入ってる鈴ケ滝では
もっと痛い失敗をしてしまいます 買ったばかりのカメラ + オッチョコチョイな性格><
●●S2015・7・3村上②M_99L  
マニュアル SS1/4  F10

●●S2015・7・3村上②M_129L  
   〃 〃 〃

スローシャッター カメラの小さな液晶画面じゃ効果がよくわかりません メガネがいるのかも
●●S2015・7・3村上②M_112L  
 〃  SS1/8  F11

 〃  SS1/6  F10
●●S2015・7・3村上②M_132L
撮影 2015・7・3 新潟県村上市 三面川 岩沢橋

ついにキャノンのホームページからPowerShot G16が消えました
スマホにコンデジのシェア奪われているから G16の後継はないのかも 寂しいです。




ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ7月用A 
押して頂けると喜びます(*^_^*)
スポンサーサイト
滝撮り  /  tb: --  /  cm: 4  /  △top

加治川 下流 

ちわ~ 前回は加治川の向こう側の細い細い道を冒険してみつけたのがここでした
その時 向こう側に舗装した道路があるのを見つけました、 それで今回は
舗装した道をいくと 駐車スペースが1台あり 坂を下るとここに安全に出ます
こちら側の方が 引っかかっているゴミが少なくいい感じです


川に木々や空が写ってる所と何も映らないところの差はなんでしょう?
風が吹いてるとか?


加治川の下流がこんな風です これは何の為だろう
ゴミとり目的が一番か?  流れを遅くする? 魚関係?
●S2014・8・22加治反対_19 

一番手前は藻が生えて ああいう模様です
●S2014・8・22加治反対_26● 

所々に青い粒 
●S2014・8・22加治反対_36 
Tamron SP70-300mm F/4ー5.6 絞り6.3  シャッター1/1600  Tvモード  

この前来たのがここ 急な階段 危険なブロック斜面渡り 
●Sコン2014・8・22加治反対_40● 

道路から草ぼーぼーの坂道を下るとここに出る   加治川の河口に次は行きたい
●S2014・8・22加治反対_46● 
撮影 2014・8・22 

 関連記事  「小さな冒険

いつも応援ありがとうございます
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ2ひよこデジカメ 
滝撮り  /  tb: --  /  cm: 2  /  △top

白玉の滝 上流へ 

こんにちわ~ 7月に白玉の滝の上に出る道を徒歩で進みました
菩提寺山(さん)方向の坂道へ


初めてなので重いカメラバッグはやめてコンデジと水筒だけもって行きました
●S2014・7・17園滝G_09
 
ガーン! つい最近熊が出た報告が!(多少の演出含む)スタート地に看板ありました
取りあえずポットの氷を鳴らしながら 口笛拭きながら 出て来るなよ~~~~
●S2page 

関係者以外の車は× 滝までの道でここが一番細いです 滝までいきましたが
車が方向転換できる場所もありません。
●S2014・7・17園滝G_14yp4

熊が出てきたらどうしようの恐怖と戦いながら>< ほんとに怖かったです
帰宅後 すぐ奥さんから鈴を貰いました
●S2014・7・17園滝G_17yp6 

目的地です
●S2014・7・17園滝G_18 

白い四角いのは滝の下に張ってあるテントです
コンデジはMモードありますが数値の出し方がわからないので諦めて普通撮り


こんな感じです 橋があるので楽ちん 水辺まで降りていく事もないのです。
 
●S2014・7・17園滝G_25露光 (1 - 1) 
撮影 2014・7・17 新潟市秋葉区 金津

スタート地点からすぐ着く感じではありません しばらく歩かないと。
以前の滝記事でマンガイチ熊が とか書いたけども 本当に出没するんですね ここら辺は。
あれからカメラバッグ両サイドのポケットに入るラジオも買い車のダッシュボードに
放り込んであります(電池入りの袋に入れて) 

------------------------------------------

とうとつにリクエストにお応えして
新津油田 こういうヤグラがダーと建って壮観です   撮影:新潟市 憲政記念館より
●S2011・5・31A_331 

いつもポッチンありがとうございます
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ2ひよこデジカメ 
滝撮り  /  tb: --  /  cm: 8  /  △top

小さな冒険 

こんにちわ~ バイパスから降りていったら加治川の橋に出たので渡らずに
川沿いにドライブ  すぐ海に出れるかもと広い海に。


   
ありゃ~ 道が段々狭くなって道の脇の草木ををボディに ガンガン受ける 
傷にはなってなくて安心 対向車が来たら運転下手な私は固まるしかない もうエイヤッと
進むしかない 長いなが~い細い道を走った 心細くて 失敗したんじゃと思いながら 
そしたら川の音が一段と大きくなったので下車。
●SIMG_7517 

川に降りる急な階段をコワゴワ降りた  辺りには誰もいない川に落ちたらやだな~~
階段20段くらいあるかも
●S2014・7・31胎内_04 

この斜面 全然感じが掴めないでしょ 実は急なんです 重いカメラバッグ持ってるから
バッグがふらふらすると体が持って行かれそうで危ない
パイプのある所に降りるのもすごい段差で 尻もち。


向こう側に1歩づつ恐々と 多分これ渡りづらいので誰かが四角いブロックに
砂を落としたのかも。 分かりにくいですが急なんです
●S2014・7・31胎内_09
 
橋を渡ったアッチは舗装された道路ぽい 向こう側から川に降りれるのかな~
でも舞台がいいのはコッチだな~ 

●S2014・7・31胎内_05 
 
こんな感じで 下流には中洲がある  キレイな青い羽根の鳥が逃げて行った 
●S2014・7・31胎内_27 

三脚 車に積んでたのに持ってこなかった レンズ何がいるかわからないし
次に来た時は三脚と超広角だけあればOKだとわかるが。

●S2014・7・31胎内_33 
Tvモード  EF-S10-22mm f/3.5-4.5USM    絞り5   シャッター速度1/1600  

三脚ないのでコンクリに置き下を向け(カメラ痛む)レリーズ
●S2014・7・31胎内_47 
Mモード Canon EF-S10-22mm f/3.5-4.5USM   絞り10   シャッター1/4   PL+ND8


ツララぽいのも好き
●S2014・7・31胎内_19 
Avモード タムロンSP70-300mm F/4-5.6   絞り4.5  シャッター1/1600

車に戻る時はみんな仕舞って安全に一歩づつ 戻った車の熱いこと><
オッチャンの小さすぎる冒険でした

撮影2014・7・31 新発田市 加治川


風邪薬の作用で眠いです><


いつも応援ありがとうございます
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ2ひよこデジカメ 
滝撮り  /  tb: --  /  cm: 6  /  △top

植物園の滝 

こんにちわ~ 今日は植物園の滝です この滝 撮っていたら突然水が止まって
オイオイ>< 仕方がないから 流れ出すまで花なんか撮って、
ここは滝が高いのでファインダー見るのも一苦労でした。


Mモード 絞り10 SS1/4  PL+ND8  EF-S10-22mm  EOS60D   数値は同じです
●S2014・7・17園滝_13
 
ここを作る時は大変ですね 岩を小さく分割しないと運べないし
まさかイチから手作り?
●S2014・7・17園滝_48

これも同じ設定ですが やはり対象か近すぎると絹糸ぽくはなりませんね~ 
せいぜい60cmの距離です。
●S2014・7・17園滝_59 
撮影 2014・7・17 新潟県立植物園

横長の画像を拡大すると画面にブワッと巨大化するのに縦長の画像の不利な事
モニタの縦の幅が足りません

いつもご支援ありがとうございます
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ2ひよこデジカメ 
滝撮り  /  tb: --  /  cm: 9  /  △top