06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

北五百川の棚田2/2 

●●SP2018・5・21D姫棚田_197 
いろいろ案内看板あります そのうちの一つの裏側「コンサート会場→」があります 笑
見つけてみてください

現地に行ってみるとこの杉林が絵になります
●●SP2018・5・21D姫棚田_184 

一番上に休憩所 この日は暑くいい風が吹いてくれて気持ちよく おにぎり食べました
●●S2018・5・21D姫棚田_161 

●ST2018・5・21D姫棚田_213 

さて手植えなのでしょうか?
●S2018・5・21D姫棚田_205 
撮影 2018・5・21 新潟県三条市北五百川

グーグルより 棚田の看板のあるここに駐車しました はたしてここが駐車場なのか?
●A北五百川P
スポンサーサイト
三条市  /  tb: --  /  cm: 4  /  △top

北五百川の棚田1/2 

●●SP2018・5・21D姫棚田_187  
  丁度時期でヒメサユリが咲いてました 

撮ってから一か月以上経ちました ヒメサユリの後行った同じ三条市の北五百川の棚田
星峠ほどのスケールはありませんが十日町まだ行かなくても棚田はあちこちにあると思う
星峠はてっぺんの撮影地点まで車で行けますが 北五百川は車を置いて歩いて行きます


看板が色々あり四季ぞれぞれの風景がわかったり冬の朝日の様子もわかります
●S2018・5・21D姫棚田_169 

PM3:30 棚田に木の影が。。。日照時間大丈夫なのかな~
●●SP2018・5・21D姫棚田_198 

棚田への道は花盛り
●●SP2018・5・21D姫棚田_219 

たぶんすぐそこに駐車場が 駐車場の矢印 本当は↑なのじゃないかと?
●●S2018・5・21D姫棚田_131 

撮影 2018・5・21 新潟県三条市北五百川(いおかわ)


グーグルより 近くにも棚田はありますが現地の人にお聞きしたら北五百川が一番らしい
●BC北五百川地図
三条市  /  tb: --  /  cm: 2  /  △top

坂の上から 

●SA2018・5・21D姫棚田_34 
県道9号線 坂道を降りる時 急に見えてきた山 ヒメサユリの小径の駐車場のオジサンに聞いて
守門岳と分かった 守門岳は大岳 青雲岳と袴岳でなりたち一番高いのは袴岳1537.2m 


この山には東洋一の大雪庇があるとか 雪庇というのは大変なもので超適当にいうと
山などに横方向にだけ雪がくっついて固まっているだけで やがては自重で
落ちる危ういもの 登山者はヘタすると踏みぬいて転落してしまうとか。


BSプレミアムの「グレートトラバース2」田中陽希さん常人の倍速で山を登ります
びしょ濡れになり衣服を絞ってからまた着るという いや~ なんて強い人だ 
履いてる靴はどうなってるんだろ つま先までびしょ濡れなのか?? 


もっと雪を被った時に来たいと旅人(私)は好き勝手な事を思う 初夏で気持ちいい季節なのに
●S2018・5・21D姫棚田_38 

三条市ヒメサユリの小径近辺で
●ST2018・5・21D姫棚田_44 
撮影 2018・5・21 ①②新潟県三条市田屋あたり  ③ヒメサユリの小径あたり
三条市  /  tb: --  /  cm: 2  /  △top

なかよし 

●SPミニサイズ2018・5・21D姫棚田_95 

写真は完全ボケなのでいつもより小さく 見る時は目を細めてどうぞ>< 


三条市 ヒメサユリの小径の帰り道 なかよし5人組、 私はいつだって一人なので
若干羨ましくもあり 写真撮るのは一人が最高ではありますが。


ようやく私もトレッキングシューズ買いました スニーカーとの一番の違いは
靴底がとにかく固くできていること 私の足は4Eの28cm 実際の足はもっと小さいけど
これくらいの靴でないと痛くなります 靴選びは汗びっしょりになる
探し回るよりサイズを言って店員さんに聞くのが一番早い。


旧斎藤家別邸などの庭園は固い履物はダメでスニーカー等が良いらしい トレッキング×


撮影 2018・5・21 新潟県三条市ヒメサユリの小径
三条市  /  tb: --  /  cm: 4  /  △top

雪の八木鼻 

●●SP2018・2・1三条白鳥_228   去年 粟ケ岳を撮りに来た時 でっかい山があるな~とは思ったがそれが八木鼻だとは
露知らず 八木鼻の名は知ってたけど、289号線は交通量が多く なかなか車を止めて
撮影ができません 八木鼻を右に見る写真撮りたかった。


三条市HPから~ 「高さ200mの石英粗面岩らしい」粗面岩の説明諦めました><

しっかしまぁ~ 削ぎ取ったような断面ですね かたわれは土の中に埋まってるのでしょうか?
●SP2018・2・1三条白鳥_202 

八木鼻のすぐ下に建物多いのでアングル難しい 離れたほうがいいです
車じゃなくて二輪車だったら撮影チャンス数倍に増えると思う 「あ~止められないっ」多いから
●SPL2018・2・1三条白鳥_208 (1 - 1)  
  撮影 2018・2・1 新潟県三条市  撮影日 納まりがいいので最後に持ってきました。
三条市  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

白帽子(2)白鳥 

●SP2018・2・1三条白鳥_255
  撮影 2018・2・1 三条市 白鳥の郷公苑 

新潟市は日本で一番の白鳥飛来地だそうです 鳥屋野潟 佐潟 上堰潟 福島潟などなど
潟がかなりたくさんありますし阿賀野市には有名な瓢湖があります
それ以外にも川にいたりします が白鳥撮影のシーズンは11月12月なんだそうです。

●SP2018・2・1三条白鳥_254  

白鳥が白帽子の擬態 笑
●S2018・2・1三条白鳥_18 

雪を幾重にもかぶって肥大してる石 白鳥って結構大きいのだけど小さく見えます
これはコハクチョウ
●LSPA2018・2・1三条白鳥_13 (1 - 1)
三条市  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

雪の情景 

●SA2018・2・1三条白鳥_215
  撮影 2018・2・1 三条市 南五百川


建物がノスタルジー 昔を思い出します、 あの足跡は何の動物でしょうね
ここは南ですが北五百川は「日本の棚田百選」に選ばれています 行きたいです
三条 白鳥の郷公苑は遠くに感じてましたが そうでもなかった。
三条市  /  tb: --  /  cm: 2  /  △top

屋根の雪おろし 

●SP2018・2・1三条白鳥_155  撮影 2018・2・1 三条市 滝谷あたり


大昔 屋根に雪が1m積もっても雪おろしを見たことがない私の地域  それに比べて
半分程度の雪で雪おろし その差は雪の怖さを知ってるかどうか?かな
上の写真は 「まだまだ降るから ここで一回おろしておかないと」 なのかもしれない
後ろに電線が薄く見えるけど命綱はついてないのかも。


一人で雪おろしをするのは危険 落ちても誰も気がつかないから 屋根から大雪の上に
落ちてそのままの形の穴にはまります 雪が押されて固くなるから動けないんです><
落ちた人の型が出来上がります 運動能力の高い人は脱出できるかもです
はまった人でないと怖さはわからない。


右端の上に乗ってる変なのは何?
●SP2018・2・1三条白鳥_156 

私は雪深いところに生まれなくて良かったと本当に思う 豪雪地帯の人には悪いけど。 
●SL2018・2・1三条白鳥_160 (1 - 1)


雪国の人は雪仕事もやって仕事もだから大変 まず玄関と車を出せるようにしなくちゃだから。
●SP2018・2・1三条白鳥_46
三条市  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

青い川 白帽子 

●S2018・2・1三条白鳥_16 
  撮影 2018・2・1 三条市 白鳥の郷公苑ちかく 

去年撮った「白帽子」は雪が少なく残念でしたが 今年はいい感じ100%かも
じっと見てると丸めたパン種にも見えてきて。



五十嵐川 丸い石が多い事 不思議です みんな上流から転がってきた?
●S2018・2・1三条白鳥_15
三条市  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

冬景色(2) 

●STP2018・2・1三条白鳥_06  撮影 2018・2・1 三条市 清流大橋近く(五十嵐川)

後ろに山 前に川 ここなら雪の捨て場所には困らなそう なんか背の高い家が多そう?

今年の新潟市は良く雪が降っています 道路がトロトロに凍り歩くのがつらいらしい。

●SP2018・2・1三条白鳥_02
三条市  /  tb: --  /  cm: 2  /  △top